日本語

16日NY時間のドル円相場の動き

16日のNY時間のドル円相場は、 序盤は米金融機関の第4四半期決算が 予想よりも弱い結果となった事を受けて ドル円は上値が重い状態となり、 90円台半ばでもみあいとなりました。 その後は米国株が上昇して始まったことで 一時90.80円台まで上昇しましたが、 米大手金融機関などの損失懸念が再燃すると 米国株も反落し、マイナス幅が拡大したことで ドル円は90円付近まで急落しました。 その他のクロス円もドル円同様に、 米国株の動きに連動する形となり、 下落後に値を戻す展開となりました。 ■1月19日 経済指標発表予定■ 米国休場(キング牧師誕生日)  ウェリントン休場(プロヴィンシャルアニバーサリー) 13:30 (日) 11月鉱工業生産・確報 17:15 (スイス) 11月実質小売売上高 17:30 (香港) 12月失業率 19:00 (ユーロ圏) 11月建設支出 米国が祝日で休場となっているため、 小動きとなる可能性が高そうです。 週明けの動向に注目しましょう。