日本語

マーケット分析 クロス円強含み

東京午後のドル円相場は、 米政府が金融安定化策により、 バンク・オブ・アメリカへ200億ドルの 支援をするとの報道がされたことで、 小幅ながらも上値を拡大し、 一時90.50円台まで値を上げました。 また本邦株式相場が堅調に推移したことも、 ドルの支援材料となった模様です。 一方、欧州勢の参入に伴って ポンド円は1月12日以来となる、 135円台乗せとなっており、 ユーロ円も120円台乗せとなっています。 米シティ・グループとバンク・オブ・アメリカの 2008年第4四半期決算は共に、 予想よりも弱い内容となったものの、 今のところ反応は見られない模様です。 ■GBP/JPY 15分足チャート■ 15分足システムトレードでは、 ロングサイン継続中となっています。 シグナル通り、130.81円付近で ポジションを保有した場合、 現在135.26円付近まで上昇していますので、 445pips程の含み益となっております。 NY株式市場の動向に注目しましょう。