日本語

マーケット分析 本日の注目材料

東京午前の為替相場は、 荒い値動きとなりました。 序盤はドル売りが先行し、 ドル円は88.80円台まで値を下げましたが、 本邦11月機械受注の結果が 市場予想を下回ったことを受け、 89.20円台まで小反発する展開となりました。 ですがその後日経平均が 下げ幅を拡大したことを背景に上げ渋り、 現在は89円ちょうど付近で推移し、 本日のオープン水準で取引されています。 一方、ユーロ円は上昇後、 下落する展開となりました。 一時はドル円に連れて強含んだものの、 ユーロドルの下落が重しとなった模様です。 東京前場終値は、 N225 8102.77[-335.68] TOPIX799.24 [-20.15 ] と、大幅マイナスにて終了しています。 ■本日これからの経済指標発表予定■ 16:00 (独) 12月消費者物価指数・確報 19:00 (ユーロ圏) 12月消費者物価指数 21:45 (ユーロ圏) 欧州中銀金融政策発表 22:30 (米) 12月生産者物価指数 22:30 (米) 1/11までの週の新規失業保険申請件数 22:30 (米) 1月ニューヨーク連銀製造業景気指数 24:00 (米) 1月フィラデルフィア連銀景況指数 本日は重要指標の発表が多く特に、 21:45 (ユーロ圏) 欧州中銀金融政策発表 22:30 (米) 12月生産者物価指数 22:30 (米) 1月ニューヨーク連銀製造業景気指数 24:00 (米) 1月フィラデルフィア連銀景況指数 に注目が集まるでしょう。