日本語

東京午前の動向 本日の重要指標

東京午前のドル円相場は、 序盤は89.40円前後での小動きでしたが、 本邦株式が寄り付き後に 前日比54円安となったことで、 89.20円台まで弱含む展開となりました。 ですがその後本邦株式が 前日比プラス圏へ戻したことや、 仲値決済に向けてのドル買い、 更にクロス円で買戻しが入ったことで ドル円相場は堅調に推移し、 現在は89.50円台で推移しています。 一方ユーロは、NY時間から引き続き、 安値圏で推移していていましたが、 昨日の下落を受けた買戻しと 原油先物が堅調に取引されたことを背景に、 一時1.3280ドル台へ回復する展開となり、 これに連れて、ユーロ円も、 現在118.80円台まで上昇しています。 東京前場終値は、 N225 8482.02[+68.11] TOPIX825.41 [+11.29] と、プラスにて終了しています。 ■本日これからの経済指標発表予定■ 16:45 (仏) 11月経常収支 16:50 (仏) 12月消費者物価指数 19:00 (ユーロ圏) 11月鉱工業生産・季調済 22:30 (米) 12月輸入物価指数 22:30 (米) 12月小売売上高 24:00 (米) 11月企業在庫 28:00 (米) 米地区連銀経済報告(ベージュブック) 特に、 22:30 (米) 12月小売売上高 28:00 (米) 米地区連銀経済報告(ベージュブック) に注目が集まるでしょう。