日本語

東京午後の為替相場の動き 

東京午後のドル円相場は、 序盤は新規材料難から方向感に乏しく、 91.20円台で膠着した値動きとなりました。 その後も今夜発表予定の米雇用統計や、 3連休を前に取引が手控えていることで しばらくは動意薄となりましたが、 ユーロドル相場の上昇を材料に 91.00円台まで小幅に値を下げました。 現在は91.10円台で小動きとなっています。 一方、ユーロドル相場は、 序盤は東京午前の流れから軟調に推移し、 1.3630ドル台まで下落しましたが、 短期筋の買いが入った模様で 一時1.37ドル台を回復する展開となりました。 東京終値は、 N225 8836.80[-39.62] TOPIX855.02 [-5.87 ] と、若干のマイナスにて終了しています。 本日は重要指標の発表が多数控えており、 特に、22:30 (米) 12月非農業部門雇用者数は 非常に注目度の高い指標となっているため、 発表前後は相場が荒れる可能性があります。 急激な値動きには、充分ご留意下さい。