日本語

マーケット分析 本日の重要指標

8日のNY時間のドル円相場は、 BOEが0.50%の利下げを発表後、 ポンド買い・ドル売りが優勢となった事で 一時90.80円台まで値を下げました。 米株価の冴えない動きや、 払拭されない米景気後退懸念も 相場を押し下げる要因となった模様です。 またオバマ次期米大統領が 中所得者層に向けた1000ドルの減税を 明言したものの動意づかず、 現在は91.20円台で小動きとなっています。 一方、ポンドドル相場は、 反発する展開となりました。 英BOE政策金利発表が 0.50%の利下げに留まったことで、 より大幅な利下げを見込んでいた、 参加者からの買い戻しが活発となり、 発表後は200ポイント以上反発しました。 また、ポンド円も連れて 140円台を回復する場面が見られましたが、 現在は若干弱含んでいます。 ■本日これからの経済指標発表予定■ 14:00 (日) 11月景気動向調査・速報 16:00 (独) 11月小売売上高指数 16:45 (仏) 11月鉱工業生産 16:45 (仏) 11月製造業生産指数 16:45 (仏) 11月貿易収支 18:30 (英) 11月鉱工業生産 18:30 (英) 11月製造業生産高 18:30 (英) 12月生産者物価指数 19:00 (ユーロ圏) 11月小売売上高 20:00 (独) 11月鉱工業生産 21:00 (加) 12月失業率 21:00 (加) 12月雇用ネット変化 22:15 (加) 12月住宅着工件数 22:30 (加) 11月住宅建設許可 22:30 (米) 12月非農業部門雇用者数 22:30 (米) 12月失業率 24:00 (米) 11月卸売在庫 本日は注目材料が多く、特に、 16:00 (独) 11月小売売上高指数 18:30 (英) 11月鉱工業生産 21:00 (加) 12月失業率 21:00 (加) 12月雇用ネット変化 22:30 (米) 12月非農業部門雇用者数 22:30 (米) 12月失業率 に注目したいと思います。