日本語

東京午後のドル円相場の動向

東京午前に見られたドル買い一服後は、 本邦輸出企業からのドル売りや 本邦株式市場の伸び悩みを背景に、 ドル円は上値を抑えられる展開となりました。 その後は相場を動かす材料が特にはなく、 93.70円台で膠着状態が続きました。 一時は94円台まで値を戻したものの、 上値は重く売りが優勢となり、 93.50円台まで値を下げました。 現在は更に値を下げており、 93.10円台で推移しています。 東京終値は、 N225 9239.24[+158.40] TOPIX888.25 [+12.05 ] と、大幅プラスにて終了しています。 この後はNY株式市場の動向に、 大きな注目が集まるでしょう。 また22:15に発表を控えている、 (米)ADP雇用統計-12月は注目度が高く、 結果次第では荒い値動きとなる可能性がありますので、 急激な動きには充分ご留意下さい。