日本語

6日NY時間のドル円相場の動き 本日の重要ポイント

■NYダウ→9015.10[+62.21] ナスダック→1652.38[-24.35] で終了■ 6日のNY時間のドル円相場は、 反落する展開となりました。 序盤は米株価が堅調に推移したことや 米12月ISM非製造業景況指数の好結果を受けて、 ドル円は一時94.60円を付けましたが、 高値更新後は利益確定の売りなどにより、 93.60円台まで押し戻される展開となりました。 米11月中古住宅販売保留の悪化も、 ドル売り要因となった模様です。 その後も米FOMC議事録において、 『経済予測は弱い状態が続く』 などとされたことから、依然上値は重い様子です。 現在は93.80円台で推移しています。 終値は93.63-68円と、 前日の終値:93.37円と比べて 26銭程度のドル高水準となりました。 ■本日これからの経済指標発表予定■ 16:00 (独) 12月卸売物価指数 17:55 (独) 12月失業率 17:55 (独) 12月失業者数 19:00 (ユーロ圏) 11月生産者物価指数 22:15 (米) 12月ADP全国雇用者数 特に、 17:55 (独) 12月失業率 22:15 (米) 12月ADP全国雇用者数 に注目したいと思います。 また引き続き、NY株式市場の動向には、 大きな注目が集まるでしょう。