日本語

東京午前の動向

東京午前のドル円相場は、 小幅安となりました。 本邦株価の伸び悩みや 本邦輸出筋からのドル売りに加え、 クロス円が軟調に推移していることで、 93円付近まで売り込まれました。 ただその後は仲値絡みの ドル需要が下支えとなり、 93.10円台まで値を戻し、 底堅く推移しました。 一方、ユーロ円相場は、 英紙がミラノ市の融資をめぐり、 欧州大手金融機関の訴訟を 考慮していると報じられたことや、 本邦株価の上値の重さを受け、 一時126.30円台まで弱含みました。 東京前場終値は、 N225 9144.67[+101.55] TOPIX880.51 [+4.60 ] と、大幅プラスにて終了しています。 今後の動きに注目しましょう。