日本語

東京午後の為替相場の動向

東京午後のドル円相場は 引き続き方向感に乏しく、 本邦勢が年末休暇のため、 薄商いとなっている中で 小幅レンジ内で取引されました。 地政学的リスクを背景としたドル売りは、 一旦落ち着きを見せた模様で、 序盤は90円台半ばで推移しました。 その後、欧州勢がドル売りで参入すると、 一時90.40円台まで値を落としましたが、 ユーロ円の買いが下値を支えている模様で、 現在は90.40円台まで反発しています。 一方、ユーロが強含みとなっており、 ユーロポンドが史上最高値を更新したことで ユーロが継続的に買われており、 ユーロ円は一時128.40円台まで上昇しました。 現在は更に値を上げており、 129.10円台で推移しています。 東京終値は、 N225 8747.17[+7.65] TOPIX854.77 [+8.19] と、若干のプラスで終了しています。 今後の動きに注目しましょう。