日本語

本日の重要ポイント 東京午前の動き

東京午前のドル円相場は、 方向感に乏しい展開となりました。 先週末終値とほぼ同水準でオープンし、 序盤は90円台半ばでもみ合いとなり、 一時90.70円台を回復する場面も見られましたが、 イスラエル軍によるガザ爆撃が嫌気された模様で、 現在は、90.50円台まで小幅安となっています。 一方、地政学的リスクを意識した、 スイスフラン買いを受けて、 本日のオープンからドルスイスが 100ポイント以上下落し、 スイスフラン円は1円近く急伸しました。 また、スイスフランの上昇に連れて、 その他の対欧州通貨でも ドル売りが先行した模様です。 東京前場終値は、 N225 8669.94[-69.58] TOPIX844.31 [- 2.27] と、マイナスにて終了しています。 本日は主な経済指標の発表がなく、 年末で市場参加者が少ないため、 小動きとなる可能性が高いでしょう。 薄い商いの中の荒い値動きには、充分ご留意下さい。