日本語

マーケット動向

東京午後のドル円相場は 海外市場がクリスマス休場のため、 引き続き閑散な取引となりました。 東京午前に散見された、 仲値不足に絡むドル買いにより、 一時ドル円は90.80円目前まで 上昇する展開となりましたが、 ドル買い一服後は本邦輸出筋などによる、 戻り売り圧力に上値を押さえられ、 小幅安の展開となりました。 ただ、相場を一方向に動かす材料が 特に見当たらないことから、 上下20銭程度のレンジ内取引となりましたた。 現在はドル円は90.40円台で 膠着状態となっています。 東京終値は、 N225 8739.52[+140.02] TOPIX846.58 [+10.56 ] と、プラスにて終了しています。 今後の動きに注目しましょう。