日本語

東京午前の為替相場の動き

東京午前のドル円相場は、堅調に推移しました。 本日はオセアニアや欧州市場が休場のため、 方向感に乏しく薄商いとなっていましたが、 早朝に発表された本邦11月鉱工業生産・速報が 事前予測を大幅に下回ったことで ドル買い・円売りが先行しました。 本経済指標の結果を受けて、 ドル円は90.30円台から90.80円台目前まで 値を伸ばす展開となりました。 また仲値決済に向けたドル買いも、 ドルの下値を支えた模様です。 ただその後はポジション調整の売りに押され、 90円半ばで取引されています。 東京前場終値は、 N225 8695.77[+96.27] TOPIX841.47 [+ 5.45] と、プラスにて終了しています。 為替相場では本日も参加者が少なく、 昨日に引き続き小動きとなる可能性が高いでしょう。