日本語

マーケット分析

25日の東京午前のドル円相場は、 ボラティリティの低い、方向感に乏しい動きとなりました。 本日はクリスマス休暇の為、 海外市場が休場となっており、 参加者の少ない閑散取引が続いています。 序盤の日銀金融政策決定会合議事要旨や 11月企業向けサービス価格指数には、 市場の反応は特に見られず、 90.40円台での推移となりました。 その後はポジション調整などで、 90.60円台まで上昇する場面も見られましたが、 現在は90.50円台付近で膠着しています。 東京前場終値は、 N225 8553.13[+36.03] TOPIX832.22 [+ 5.23] と、若干のプラスにて終了しています。 本日は参加者が少ないため、 小動きとなる可能性が高そうです。