日本語

マーケット分析

東京午後のドル円相場は、 小動きとなりました。 序盤は90.40円付近で 方向感に乏しい状態が続きました。 その後ポジション調整のドル買いが散見され、 90.60円台目前まで値を上げたものの、 反応は一時的となりました。 現在は本邦株価が軟化したことや、 本邦輸出企業からのドル売りが 上値を抑えている模様で、 再び90.30円を挟んでの小動きとなっています。 一方、ユーロドル相場は 一進一退となりました。 ポジション調整と見られる、 ドル買い圧力から一時、 1.3980ドル台手前まで強含みました。 その後は1.3940ドル台まで反落しましたが、 現在は1.39ドル台後半まで値を戻しています。 東京終値は、 N225 8517.10[-206.68] TOPIX 826.99[-21.73 ] と、マイナスにて終了しています。 今後の動きに注目しましょう。