日本語

出島昇氏の 『理屈はいらない!FXでゆっくりコツコツ稼ぐ』

出島昇氏の 『理屈はいらない!FXでゆっくりコツコツ稼ぐ』

今日からはじまる連載コラムは、柴田罫線という週足に近いチャートをベースにした分析を行い、日経マネー、マネージャパン、ダイヤモンドザイ誌上で推奨銘柄を提供している全アナリスト中、的中率4年通産NO.1の評価を受けている出島昇氏のFXチームによるFXマーケット分析からスタートします。 出島 昇 プロフィール 1949年長崎市生まれ。長崎大学経済学部卒業後、サラリーマンを経て九州大学大学院経済学研究科博士課程終了。現在長崎女子短期大学講師。バブル崩壊後のドン底の中で、柴田法則に出会って投資法を確立。年間勝率80%を過去5年間継続。月刊宝島の独自評価による2004年・2005年ベストアナリスト選考でプロアナリスト約73名中連続第2位(的中率は1位)に選ばれる。過去3年間(2004年~2006年)連続して5位内入賞は出島昇のみ。 株式会社 オフィス出島代表取締役社長。 厳しい環境の中でゆとりある生活を実現しよう! ―理屈はいらない!FXでゆっくりコツコツ稼ぐ―                     出島昇 ■相場とは何かを考えてみる  私は株式投資で確実に資産形成といえる投資は、年2~3回ぐらいの大きな調整の時にだけする投資だと考えていますが、それを実行できる人はあまりいません。株式投資をやっていると、どうしても年中買ったり売ったりする株中毒になってしまうからです。このやり方は、上昇相場では儲かりますが、下降相場では儲けを全部吐き出し、さらに借金までつくるということになります。 相場には、「買い」と「売り」の他に「休む」という重要なものがあるのですが、これを忘れてしまいます。相場の方向性が分からなくなったら「相場を休む」ことが、投資で生き残る重要な方法なのです。  現実には、小額の資金で投資を行う人にとってはどうしても日々勝負してゆくマネーゲームになってしまいます。株式投資の場合は現在の下降トレンドの中での方向感のつかめない動きとなっているため、小資金の人が利益をとってゆくのが難しく(銘柄数が多く、倒産リスクもある)、そのためFXが人気化してきています。そして、この1~2年の金融関連の雑誌ではFX特集が組まれていて、いかにも簡単に儲かるような話ばかりとなっています。本当にそうでしょうか?私は、先日ある大手のFX会社の役員と話をしていたところ、その役員がいうには、「3年という期間をとってみれば、当社のお客様でも儲かっているという人はほとんどいない」ということでした。ある一時期は儲かって脚光を浴びても、長いスパンで見るとその人はいつの間にか消えていってしまいます。株式相場で上昇相場で儲け、下降相場で儲け以上の損をするのと同じです。ただ違うのは、FXの場合は自動ロスカットが働き、自分の手持ち資金以上は損しないというところは評価できます。もともと相場というものは、買い手と売り手のマネーゲームですので、勝ち続けることは至難の技といえます。たまたま独自の手法を確立して勝ち続けている人がいたとしても、それはその人の性格、運、資金力などを含めた力であり、他の人は決して真似ることが出来ないものです。  ではどうすれば相場の世界で生き残れるのか、それは2つあります。1つは中長期スタンスを持ってトレンドが変化するのを待って出動するということです。その場合でもチャートなどが勝つ確率が高い状況になった時に出動することになります。しかし、そのためには、その手法をマスターするための費用と努力が必要です。それが出来なければ、中途半端となってなかなか儲かることはできません。  2つめは、昨年の夏頃、FXで大儲けの話が山ほどで出ていましたが、私は所詮リスクの大きいマネーゲームと考えてあまり関心を持ちませんでした。たまたまマネーパートナーズの役員に知人がいて、ヘラクレス市場への上場を機会に柴田罫線で為替の分析依頼の話があり、トレンド分析だけならということで毎週火曜日にマネーパートナーズのサイトで「柴田罫線による分析(米ドル/円・豪ドル/円・英ポンド/円・日経先物)」を行っています。 昨年知ったFXのファンド(過去2年間、年率60%の配当を実施)があり、そのファンドマネージャーはものすごい鼻息でした。特にポンド/円をやっており、スワップと高レバレッジでの為替差益狙いで飛ぶ鳥を落とす勢いでした。ポンド/円は、今年になって柴田罫線で三尊天井を形成して完全な下降トレンドに入ったため、私は手仕舞いを忠告しました。  しかし、彼は強引に売買を行い、その結果、数週間でそのファンドを全滅させてしまいました。成功してきた人間は、急には自分の投資法を転換するのは難しいという話です。その後も、これまでの高金利通貨が下降トレンド入りしたにもかかわらず、スワップ金利狙いで買いから入り、サブプライムローン問題で高金利通貨が暴落し、かなり多くのFX投資家が大変な目に会いました。それでも人気化しているのは、株式市場の低迷からFX市場への参入と、失敗しても自分の持ち金以上は損はしないというシステムのためかもしれません。そこで最も簡単なことは、プロと同じ時間帯に同じ行動をとるということになります。 ■プロと一緒にコツコツ稼ぐ  私の知り合いのプロ級の腕を持つ個人投資家が株は面白くないといって、昨年からFXを始めました。昨年大きく儲かっていましたが、今年になってあまり成績がよくありませんでした。アメリカでカリスマトレーダーといわれている「ビル・ボーラス氏」の手法を勉強して今回の暴落で成果を上げましたが、私と一緒に仕事をしたいということでしたので、FXのコースを作ることになりました。  今回のFXコースの設立においても、時間のない人や初心者が高い確率で儲けるにはどうすれば良いかを彼とじっくり議論しました。一番良いのはプロ売買の通りやれば良いのですが、チャート画面に張り付いて売買するデイトレードでは、時間差もあってなかなかうまくいきません。そこで儲かる確率が高い時間帯に、0.01円~0.02円のわずかな利サヤ狙いのあわただしい売買ではなく、ミニトレンドの発生を待ってある程度の値幅を狙う売買情報(参戦指値・利食い・損切り・手仕舞い)をタイムリーに提供する情報サービスが良いという結論に達しました。FXで取引が活発になる時間帯といえば、ロンドン市場やNY市場が重なる夜20時~25時となります。この時間帯ならば、主婦やサラリーマンの皆さんが夕食後のゆっくり出来る時間帯ですので、毎日でなくてもその時間帯の1~2時間程度は無理なく取引に参加できると思います。このサービスは常時2名体制で運用します。人が相場に集中できる時間はせいぜい4~5時間ぐらいのものでしょうから、そのプロとともにコツコツ、じっくり稼ぐコースは業界初といえるでしょう。また、週足でのトレンドのうねりを狙う短期(スウィング投資)投資情報もあわせて提供します。こちらは、すべて指値注文ですからパソコンに張り付く必要もありません。  このFX商品の基本的な考え方は、一攫千金で大儲けというようなものではありません。そういうものを目指す人にとっては魅力があまりないかもしれません。むしろ「生活防衛FX投資」というのがピッタリといえます。勝率は70%以上。1日1万円(レバレッジ1倍)で少資金で月に10万円は軽くクリアできると思いますので、これからの厳しい環境の中で、楽しいアルバイトとなるようアドバイスします。株式投資の短期売買よりははるかにリスクの少ない投資といえます。 ■新FXコースの担当者からのご挨拶  最近人気が急上昇しているFX。手軽な資金で始められ、円安でも円高でもリターンを狙える上、24時間いつでも取引でき、買い持ちでスワップ(金利)までもらえるなどなど、魅力いっぱいのFXは新規の口座開設件数が昨年の2倍以上に急増しているそうです。  しかしその一方で、せっかくFXを始めたにもかかわらず、あっという間に負けてしまい、「もうコリゴリ…」という人も少なくないのも事実。そういう人は、FXの魅力の方ばかりを期待して、FXの仕組みやリスク、為替市場の特性などをよく理解しないまま、安易に始めてしまった人たちがほとんどです。 今週末12/19(金)より12月末まで無料公開する新コース『出島式FXワールド』は、そんなFX初心者でも気軽に取引を始められる入門コースです。出島昇が編成したFXのベテランチームが、1週間のレンジ分析をもとに「数日間の短期投資」と「海外為替市場を対象とした毎夜20時~深夜1時のデイトレ」の2つの投資情報を提供します。  FXに興味はあっても、実際始めてみればFXは、証拠金取引、レバレッジ、スプレッド等の株式投資ではなじみない専門用語や、時間帯により大きな違いのある値動き、通貨ペア選びなど、初心者には壁となる難解さが待ち構えています。 その点、最初から「出島式FXワールド」に入会すれば、日々更新される情報にふれてゆくうちに自然にその世界になじんでゆけるメリットがあります。  ご提供する情報は、FXの短期投資とデイトレの2つですから、夜に時間がある時だけデイトレを楽しんで、それ以外は指値で短期売買と使い分けが可能です。また、デイトレといっても、バタバタ売ったり買ったりとせわしない売買ではなく、その時間帯のレンジ(値動きの上限と下限の間の値幅)を観測して、指値で売買しますので、言い換えれば、夜のミニトレンド売買という投資であり、1日の売買回数はせいぜい2~3回程度です。もちろん事前に売買値、損切り値、利食い値を提示してゆきますので、買いの急落も売りの急騰も資金をしっかりガードできます。  なお、当サイトの無料コーナー『FXの広場』では、FXが初めての方でもイチから学べるように、FXの仕組みから外国為替市場の特性、用語説明まで詳しく解説していますので、一度のぞいて見てください。   いきなり「FXとは外国為替証拠金取引のこと」などといわれると、なんだか難しく感じますが、基本的なことを押さえておけば問題ありません。実践的な有料ページをのぞく前に、まずはこのFXの広場でしっかり基本的なことを理解してから始められることをおススメします。 詳細はこちらから→出島式FXワールド