日本語

(株)セブンインベスターズに行ってきました!

 今回は、『外為ステーション』の(株)セブンインベスターズさんです。非常に使いやすいと評判のサクソ銀行トレードツールとは?木藤様にお話を伺いました。
記者 セブンインべスターズさんの事業方針と特徴を教えて下さい。
木藤様 弊社の「外為ステーション」は、FXトレード経験のあるユーザー様向けの通好みのサービスとなっております。(もちろん初心者の方も大歓迎です。)  ご利用頂いているお客様は、「外為ステーション」を非常に気に入って頂いており、長期にわたって取引をされているお客様が多いです。理由としては弊社のサポートセンターの方で、個々のユーザー様に対してお電話、メールでのフォロー体制が整っているというところが大きかと思います。
記者 取引ツールに特徴があるそうですが、どのようなツールですか?
木藤様 サクソ銀行のトレードツールは初心者のみならず、中上級者の方も十分使える非常に多機能なツールです。トレード画面を自分の使いやすいようにカスタマイズ出来ます。  また、ダウンロードをしてご利用頂くタイプのツールになりますので、ブラウザタイプのツールに比べて約定スピードが速いのが特徴です。デイトレードやスキャルピングなど、短時間で売買を繰り返す方でもストレスなく取引頂けるかと思います。ユーザー様からも「約定がスムーズ」とご好評頂くことが多いですね。  実際の取引では、ツールの使いやすさと、サクソ銀行トレードツールの信頼性というのが非常に大きいかと思います。
記者 取引コストはどのような内容になっていますか?
木藤様 取引コストに関しては、手数料が1pip、スプレッドはドル/円で2pips~となっていますので、サクソ銀行のFXをご利用になられたいお客様には良いサービスになっているのではないかと思います。
記者 今後キャンペーンやセミナーなどをリリースする予定はありますか?
木藤様 セミナーなどは今のところ予定はしておりませんが、今後新しいサービスをしていく事は色々と考えています。その際にはより良い取引環境、例えば市場動向レポートなどをお客様にご提供していければと考えています。
記者 貴社のユーザー様は中上級者の方が多いようですが、今後はこれからFXを始めるという初心者の方が多いかと思います。取引を始めるにあたってのアドバイスはございますか?
木藤様 各FX会社の取引システム(取引ツール)がどのようなものなのかを理解する事が重要だと思います。おそらく初心者の方ですと、手数料が無料で、スプレッドも非常に狭い(条件が良い)といったスペックのみを重視しがちだと思いますが、ツールが使いにくい、急激な値動き時に約定しない、スプレッドが開いてしまっている時間帯が多いといったFXサービス(会社)であれば、あまり意味がないと思います。  スペック条件×トレードツールのバランスが重要だと我々は考えております。つまり、約定できるスプレッド条件をしっかり確認すべきだという事です。実取引条件で比べて頂ければ、「外為ステーション」の良さをご理解頂ける事と思います。  弊社のサクソ銀行トレードツールは07年8月の超円高時も正常に稼働したため、当該期間中の苦情件数はゼロとなっております。
記者 最後に今後の事業方針をお聞かせ下さい
木藤様 今までの各FX会社様といえば金融業界の方が運営されているケースが大半を占めていました。我々は会社自体も若く、ITや広告業界出身者と、金融業界出身者が合わさった組織です。そういったメリットを生かして今までにない斬新なサービスの展開や、お客様により良いサービスを提供して、安全な信頼できるFX会社を目指していきますので、ご興味をお持ち頂ければ大変ありがたいですね。  今のうちから弊社のお客様となって頂ければ、弊社からの新サービスリリースの際にはいち早くキャッチできるかと思いますし、サクソ銀行のトレードツールをぜひとも体感頂ければと思います。
記者 本日はありがとうございました。