日本語

決済注文種類について

おおむね下記の6つの注文スタイルに 分類できます。 ----------------------------------------------------- ■成行注文        ■ストップ注文 ■指値・逆指値注文    ■両建注文 ■リミット注文      ■OCO注文 ----------------------------------------------------- ■成行注文 ☆新規注文 チャート上で右クリックし、「注文発注」を選択すると下記の注文画面が表示されます。 1.通貨ペアの確認 2.数量に「ロット数」を入力 3.注文種別が「成行注文」になっていることを確認 4.レートの確認 5.その他の注文内容を確認後、「成行買い」をクリックすると新規注文が送信されます。 (売り成行注文の場合は「成行売り」を選択してください) ☆決済注文 ターミナル画面の取引タブ内で、決済したい保有ポジション上を右クリックし 「決済注文」を選択すると、下記の画面が表示されます。 1.通貨ペアの確認 2.数量にて「ロット数」を確認 3.注文種別が「成行注文」になっていることを確認 4.レートの確認 5.その他の注文内容を確認後、黄色い帯の「********** 成行決済」を クリックすると、決済注文が送信されます。 ※この時、「新規取引:成行売り」または「新規取引:成行買い」を クリックすると相殺決済とならず新規ポジションが成立しますのでご注意ください。 (反対売買の場合は両建となります) MT4上の1ポイントは、対円レートでは小数点以下第3位、対外貨レートでは 小数点以下第5位に相当します。ポイント指定される場合は十分にご注意ください。 ■指値・逆指値注文 お客様が指定した値に市場価格が到達した場合に注文を出す方法です。 @買い指値 (Buy Limit) の場合 :現在のレートより低い値で買い注文を設定 @買い逆指値 (Buy Stop) の場合 :現在のレートより高い値で買い注文を設定 @売り指値 (Sell Limit) の場合 :現在のレートより高い値で売り注文を設定 @売り逆指値 (Sell Stop) の場合:現在のレートより低い値で売り注文を設定 ☆注文方法 チャート上の現在レートより上の位置で右クリックした場合 「注文発注」より【Buy Stop(買い逆指値)】または【Sell Limit(売り指値)】を選択することができます。 チャート上の現在レートより下の位置で右クリックした場合 「注文発注」より【Buy Limit(買い指値)】または【Sell Stop(売り逆指値)】を選択することができます。 次に、注文の発注画面が表示されますので、注文の設定を行います。 1.通貨ペアの確認 2.ロット数を入力 3.注文種別の確認「指値または逆指値注文(新規注文)」 4.レートの設定 5.その他の注文内容を確認後、「送信」をクリックし、発注・処理が完了します。 ※「注文の発注」画面にて新規の指値(逆指値)注文と同時にストップ注文(決済逆指値) 及びリミット注文(決済指値)を設定することができます。 MT4上の1ポイントは、対円レートでは小数点以下第3位、対外貨レートでは小数点以下第5位に相当します。 alpari ジャパン 口座開設 残りは次回のお楽しみでw