日本語

眠らないマーケット『外国為替市場』

 外国為替市場は24時間必ず誰かがどこかで取引をしています。最初に開くウェリントン→シドニー→東京→香港→シンガポール→中東→フランクフルト→ロンドン→ニューヨークと進み、大きく分けてアジア時間、ヨーロッパ時間、アメリカ時間という3つの時間帯ごとに区分され、主要な参加者を代えながら途切れることなくバトンタッチしていきます。    主要な外国為替市場は、東京、ロンドン、ニューヨークで時間帯によってその特徴も違ってきます。    東京市場では、国際貿易をメインとする電機、自動車などの大企業が多い日本の経済を反映して、実需を中心とした企業の参加者が多いと言われています。また取り扱う通貨も圧倒的にドルと円との取引が多いのも特徴です。   ロンドン市場は、地理的、時間的にアジアとアメリカの中心にあるため取引が集中しやすく取引高は世界の4割をしめています。またウインブルドン政策によって多くの世界企業や金融機関がロンドンに集結した事も、その後の発展に寄与しています。  ニューヨーク市場が始まるのは、ロンドン時間の昼過ぎで、外国為替市場で取引高の最も多くなる時間帯です。日本時間で21時~2時くらいまでの4~5時間です。世界経済をリードする欧米先進国の経済指標が数多く発表され、政府首脳などの発言も飛び交うので、一番注目が集まる時間帯となっています。  このニューヨーク市場の終わりとなる現地時間の夕方17時(米国標準時間の場合、日本AM7:00、米国夏時間の場合、日本AM6:00)が、1日の終値として清算する際の基準となります。