日本語

FXのリスク

FX の運用する上でもっとも大きなリスクとして留意しておかなければならないことが、為替の変動によるリスクです。為替の変動は、経済成長等による国力の増加や衰退が長期的な要因として考えられています。 短期的な要因には貿易収支、景気、戦争や災害、要人の発言など様々なものがあります。短期的な要因については、どれも予測しにくい上に一瞬にして為替レートが動くので、その点が FX を含む外貨投資全般のリスクと言われています。 少ない資金を保証金として10~400倍の取引が可能となる FX は、大きく利益を上げることができる反面、損失も大きくなるというレバレッジリスクもあります。高倍率のレバレッジによる取引では、預けた保証金を瞬く間に損失してしまうこともあり得ます。 こうした FX に伴うリスクを考慮して、最近では投資家保護の観点から、ほとんどの会社が一定額以上の損失となった場合にシステムで自動的に損切りする仕組みであるロスカットを採用しています。 また、損切りする値段を自分で指定できる「逆指値」注文など、多様な注文方法を用意することで、リスクコントロールしやすいシステムを整えています。 FX には資金を減らしてしまうリスクがあることを常に念頭に、はじめのうちはレバレッジを低めにすることを心がけ、リスク管理の手法を学んでいくことが大切です。