日本語

FXの魅力

為替レートの上下の変動によって、売買時でのレートの差額で発生する利益を為替差益(キャピタルゲイン)と言います。 例えば1ドル=100円の時に1万ドルを買い、為替レートが1ドル=110円になった時点で売れば、1万(ドル)×10(円)=10万円の為替差益が発生することになります。 また株式市場と違いFXの場合、売りから入る取引も可能で、例えば「1ドル=120円の時に1万ドルを売り、1ドル=110円になった時に買う」という取引でも、1万ドル × 10円=10万円の為替差益が発生します。 ただし、売りから入る取引の場合、後述する金利の差額を毎日支払うことになる通貨の組み合わせも存在しますので、この場合の長期間保有には非推奨です。 デイトレードや短期間の売買である「安く買って、高く売る」が、一般的な個人投資家の取引の基本的なスタイルと言及できます。 買いのポジションから相場にエントリする取引はロング(ロングポジション)、売りから入る取引はショート(ショートポジション)と呼ばれています。 スワップ金利とは、通貨同士の金利差による利息のことで、低金利通貨で高金利通貨を買うとスワップ金利による利益を得ることができます。 日本円は世界でも稀に見る超低金利通貨のため、日本円で他通貨を買う場合は大抵スワップ金利を得ることになります。昨今ではニュージーランド取引でのスワップ金利が注目を集めていました。 例えば、米ドルを1万ドル分、日本円でエントリした場合、金利の変動やFX取扱会社により異なりますが1日約50円程度のスワップ金利による利息が発生します。 毎日約50円ですから、1ヶ月間保有すれば、利息だけで約4~5千円です。1年間で換算した場合、約5万円と利息だけでも普通預金とは比較にならないほどの利益が発生します。また毎週水曜日のスワップ3倍加算はトレーダーさんなら誰もが既知である情報となっています。 しかし、低金利通貨を高金利通貨で買ったり、売りから入る取引の場合など、金利差による利息が逆に毎日損益として発生する場合もあります。 また一般的にはスワップ金利による利益よりも、為替レートの変動による利益や損失の方が大きいため、スワップ金利による利益を狙う場合も、為替レートの変動に常に注意する必要があります。
※スワップ金利は時々刻々と変化いたしますので各FX会社サイトにてご確認いただけますようお願い申し上げます。