金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1960号/加入協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会 会員番号 012-02323
Languages

ドル円60分足スーパーボリンジャーの分析、判断結果:基調トレンド方向として、依然として、ドル下落を示しています。

ドル円60分足スーパーボリンジャーの分析、判断結果:基調トレンド方向として、依然として、ドル下落を示しています。

20140612 USDJPY H Super Bollinger.gif

添付チャートは、午前8時30分現在のドル円(USD/JPY)60分足スーパーボリンジャーです。

60分足スーパーボリンジャーは、スイングトレードの際の売買ポイントの把握やデイトレードを行う際の大局観の把握などに重宝です。

現在、以下のように判断します。

■遅行スパン(紫色ライン)は、ローソク足の下方を推移しており、引き続き、陰転しています。したがって、基調トレンド方向として、依然として、ドル下落を示しています。

■実勢レベル60分足終値は、目先、マイナス1シグマライン(下の緑色ライン)の上方を推移しており、ドル底固い展開を示している一方で、依然として、センターライン(青色ライン)に抑えられる格好で推移しており、ドル緩やかな下落トレンドと判断出来ます。

■今後の注目点として、遅行スパンが陰転し続けるかどうか、そして、60分足終値がセンターラインの下方を推移し続けるかどうかです。


written by エフピーネット