金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1960号/加入協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会 会員番号 012-02323
Languages

6月の雇用統計の結果:私は先日の失敗もあるので、雇用統計トレードはしませんでした。

6月の雇用統計の結果:私は先日の失敗もあるので、雇用統計トレードはしませんでした。

6月の雇用統計が発表されましたね。

みなさんはいかがでしたでしょうか?

私は先日の失敗もあるので、雇用統計トレードはしませんでした。

先日の失敗ってのはこれ
トレードへの慢心と確認不足でマイナストレード


やっぱり指標の結果っていうのは、なかなか難しいんですね。

結果的には、前回の記事で書いた事が当たったわけですが、これは結果論。

前回の記事
6月の雇用統計LIVEは?


で、実際の値動きはというとこんな感じでした。

ユーロドル
雇用統計ユーロドル
チャートはここのMT4⇒【MT4】FXトレード・フィナンシャル(特別キャッシュバックあり)

ユーロドルに関しては、先日のECBとドラギさんの発言のほうが大きく動きました。

ECB
チャートはここのMT4⇒【MT4】FXトレード・フィナンシャル(当ブログ限定キャッシュバックあり)


で、ドル円を見てみるとこんな感じ
ドル円
チャートはここのMT4⇒【MT4】FXトレード・フィナンシャル(当ブログ限定のキャッシュバックあり)


雇用統計発表後の高値と安値の底と頂点をは約50pipsの値動きでした。

102円前半に下落して、102.60付近まで上がってる感じ。


西原さんのメルマガでずっと言われている102.60を抜けられないって感じ。

それに合わせて、102円を下抜けない。

102~102.60のレンジですね。


こうなってくると、ドル円は102円前半をバックに102.60手前をターゲットにしてロングで回す感じでしょうか。

底が堅いような印象すらうけます。

ユーロドルも1.350の下抜けしたままってのがなかなかできないので、そのレベルが当面のサポートかなと。

そういったことを考慮しながら、トレードするのもアリなのかなと。


いや~西原さんのメルマガを読んでから、こういった考え方ができるようになりました(^^)


なるべく今週は良い結果で終わりたいので、慎重にトレードして今週を終えたいと思います。

いつも応援クリックありがとうございますm(_ _)m

最後まで読んでいただき感謝いたします♪

written by かずえモン