日本語

東京午前 クロス円 下落後、反発する展開

東京午前のドル円相場は、 序盤は日経平均の伸び悩みや 米株価指数先物の軟調推移を背景に ドル売りが優勢となったことで 一時90.90円台まで下落する展開となりました。 その後は米金融安定化策についての報道が好感され、 本日の高値となる91.60円台まで反発し、 現在は91.30円台で推移しています。 一方、ユーロ円相場は、 本邦実需筋からのユーロ売りや ロシア政府が民間債務の返済繰越を 要請したとの報道が嫌気され、 116.60円台まで下落しましたが、 ショートカバーが入った模様で 118円付近まで値を戻す展開となりました。 現在は、117円台前半で推移しています。 東京前場終値は、 N225 7984.54[+15.51] TOPIX782.30 [+3.40 ] と、若干のプラスにて終了しています。 今後の動きに注目しましょう。