日本語

東京午後 ポンド買いが優勢

東京午後のドル円相場は、 序盤は今晩に控える米雇用統計への警戒感から 積極的な売買が控えられた模様で、 90.80円台を挟んで、もみ合いとなりました。 その後は本邦実需の売りにより、 90.70円台へ弱含む場面も見られましたが、 その値動きも限定的となり、 現在は91.10円台まで上昇しています。 一方、ポンド買いが優勢となったことを受けて、 一時ポンド・ドルは1.4760ドル台、 ポンド円は134.70円台まで値を上げました。 東京終値は、 N225 8076.62[+126.97] TOPIX790.84 [+4.43 ] と、大幅プラスにて終了しています。 この後22:30に発表を控えている、 (米) 1月非農業部門雇用者数や、 NY株式市場の動向に注目しましょう。