日本語

東京午後 ユーロ・ポンドの買い戻し優勢

東京午後のドル円相場は 目新しい材料が見当たらない中、 本邦株式市場の動きに 連動する格好となりました。 後場に入り本邦株価が小幅に上昇すると、 ドル円は89.30円台から 89.50円台目前まで買われましたが、 上値を試す勢いは見られず、 同株価がマイナス圏へ転じると、 89.20円台まで値を落としました。 その後は欧州勢参入に伴う、 ユーロ買いに連れたことで、 89.60円台まで反発しました。 一方、ユーロ円相場は午後に入り、 アジア・本邦株価の上昇を背景に 114円台半ばから114.90円台まで値を伸ばし、 欧州勢参入後は115.30円台まで 急伸する展開となりました。 東京終値は、 N225 7949.65[-89.29] TOPIX786.41 [-6.37 ] と、マイナスにて終了しています。 現在はユーロ・ポンドの買い戻しが 優勢となっている模様です。 NY株式市場の動向に注目しましょう。