金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1960号/加入協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会 会員番号 012-02323
Languages

裁量&トラ〇〇:クロス円上昇とユーロトルコの爆下げ:ユーロ円は一時139.1まで上がり、現在138.8~138.9をいったりきたりしてます

裁量&トラ〇〇:クロス円上昇とユーロトルコの爆下げ:ユーロ円は一時139.1まで上がり、現在138.8~138.9をいったりきたりしてます



口座①(トラリピ3通貨ペア) 

通貨ペア:GBP/JPY(ロング) ポンド円 ※5/5開始
取引LOT:2000通貨
トラップ幅、利確幅:20pips幅、30pips利確 
値幅:168~175

通貨ペア:EUR/TRY(ショート) ユーロトルコ ※5/13夜から5000通貨に変更
取引LOT:5000通貨 2000通貨 
トラップ幅、利確幅:25pips、50pips利確。
値幅:2.80~3.0

1万通貨で1日310~350円の驚異のスワップの通貨ペアです。個別記事がある為、ご興味あればご確認ください。

通貨ペア:EUR/JPY(ショート) ユーロ円 ※5/16夜から再開
取引LOT:1万通貨  5000通貨   ←とりあえず今週は1万通貨でいきます。稼ぎ時ということで。
トラップ幅、利確幅:20pips利確。
値幅:137~140

[昨日の実績]
5/21の実績は31,819円でした。
裁量:3,920円 トラリピ:27,899円(内ユーロトルコスワップ1,381円) スキャルピングEA:0円

[トレード雑記]

---------------5/21 23:05追記-----------------------------
現在米長期金利が上昇&日経平均反発でドル円、ユーロ円が上昇してます。
深夜のFOMC議事録の内容によってはユーロ円が139.5ぐらいまで上昇する可能性もある為、
裁量でショートするのは「今は」やめたほうがよさそうです
------------------------------------------------------
と、昨日の夜記事に追加しましたが、ユーロ円は一時139.1まで上がり、現在138.8~138.9をいったりきたりしてます。
記事を書いてるうちに、米指標(前週分 新規失業保険申請件数 )が出て、予想より悪い結果となり少し落ちてきました。
この後の「米)中古住宅販売件数」「米)景気先行指数」の結果が悪ければ、ユーロ円は裁量でショート参入予定です。

でも日経平均はまだ上昇してるので、日経が落ちない限りドル円、ユーロ円をはじめ、クロス円はあまり下落しないはずなのにで裁量するにしても小まめに利確しようと思います。
後は米長期金利の動きを見ながらという感じですね。

日経平均

米長期金利

どこまで上がるのか、下がるのか、よくわからない時はトラリピに任せればいいという感じで、ユーロ円ショートのトラリピがかなり活躍してくれました。
上の方のポジをトラリピで取れたら、それの利益幅をいじって裁量ポジにするのも稼げてよいので、一部変更したりしてます。

[今日のユーロトルコ]
今日のユーロトルコ

何なんですかね、この落ち方w
この記事を書いてるうちにどんどん落ちるので気になって書くのが止まってしまうぐらいです。
ちなみに昨日からのユーロトルコの利確は下記となります。
昨日からのユーロトルコの利確実績

50pips利確なのに25回も利確してますね。
5000通貨で超強気設定にしたとたん、600pipsぐらい上昇したのでヒヤヒヤしてましたが、下がってくる間に資金がかなり強化された為、今からまた上がっても今度は余裕で耐えれそうです。

さて、トルコリラですが、本日政策金利が発表されました。
結果は予想に反して、10%→9.5%となり、一瞬100pips近く上昇しましたが、その後また下落が再開しました。
この政策金利ですが1週間物の金利となる為、FXのスワップに影響するのは「翌日もの貸し出し金利」となり、こちらは12%で変わらない為、政策金利が下がってもトルコリラ安とはならなかったようです。
このまま12%を長期にわたって維持してくれることを期待ですね。
政策金利

現在の所持スワップ22,798円。(7万2千通貨所有:1日のスワップ2,387円)


written by ぽぽ