金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1960号/加入協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会 会員番号 012-02323
Languages

TAIGUN BOX:ボックスゾーンを使ったラインブレイクトレード用のインジケーター

TAIGUN BOX:ボックスゾーンを使ったラインブレイクトレード用のインジケーター

FXで、レンジブレイクトレード系のインジケーターは、今、人気の的とも言える 状態です。 トレードとプログラムに明るい開発者さんが、いろんなアイディアを形にしてリリースしていますね。 今日は、そのFXのレンジブレイクトレード用インジケーターの1つ、TAIGUN BOXを使って トレードした感想をレポートしてみました。 TAIGUN BOXは、BOXと名の付く通り、ボックスゾーンがチャート上に表示されて その領域からロウソク足が抜け出る、つまり、ブレイクするとエントリーチャンス到来 です。 BOXは、アジアンセッションの高値と安値を囲んだもので、初期設定では日本時間の昼から夕方 を基準となっています。 その高値と安値をゾーンとして、NYタイムの終わり(日本時間の早朝)まで表示されます。 欧州マーケット(16:00頃)がオープンすると、レートはこのゾーンをブレイクしやすく 一般的にはゾーンを割れた場合にトレンドが出やすいと言われています。 このBOX&ゾーンブレイクに従ってデイトレードを仕掛けるのが基本的な使い方です。 チャートの下に表示されている『オシレーター』は、ボックスのブレイクが騙しかどう かを確認する為に使用します。 上の画像では、一旦下げた後、上昇方向の強いトレンドに変化しています。 これは俗にいう“騙し”です。 しかし、オシレーターを参考にすると、騙しであった事が判断できます。 オシレーターの「細い線は相場の方向感」「太い棒は相場の勢い」を 示しています。 太い棒は色で売り買いの圧力が判断でき、中央を堺に、上げ圧力が強いか、下げ圧力が 強いかが判断できます。 この2つのオシレーターを組み合わせる事で、ローソク足だけでは見えてこない「相場の 方向感」をキャッチできるようになります。 実際のトレード方法は 【BOXのブレイクを利用した、順張りのスキャルピング】 1. 日足、時間足などの長期の足で、相場の大きな流れを確認する。 2. 15分足~1分足など短い足で、相場の現在の方向感を確認する。 3. BOX&ゾーンはブレイクしているかどうか確認する。 4. ブレイクの方向と大きな流れは一致しているか確認する。 5. オシレーターを見て相場の勢いと方向感を確認する。 6. 損切りポイント、利確ポイントを決める。 7. 準備が整ったらトレード。 の順序で使うと良いという作者の説明でしたので 今日(5/21)午後にトレードをしてみました。 下の画像の通り、ユーロドルの4時間足で方向感を捉えて 1分足でエントリータイミングを計るという方法です。 もっと早くにエントリーをすることも出来ましたが、エントリー前には1分足の オシレーターの動きも確認しエントリーを実施。 BOXの上部がうまい具合にレジスタンスラインになっていて そこをブレイクした後のかなり後にエントリーを行ったものの 然りを含み益を確保することが出来ました。 ラインブレイクトレードを支持するトレーダーの方は多いですが TAIGUN BOXは、非常に使いやすいブレイクトレード用のツールだと感じました。 ラインブレイクトレードが気になる方には、良いインジケーターだと思います。 TAIGUN BOXの詳細はこちら