金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1960号/加入協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会 会員番号 012-02323
Languages

ブローカー比較:24時間スキャルピングEAを「リアル口座」で稼動させ、ブローカーの約定品質を明らかに

ブローカー比較:24時間スキャルピングEAを「リアル口座」で稼動させ、ブローカーの約定品質を明らかに


2014年5月10日の記事(トレード結果 2014年4月)で寸評したように、2014年4月のSteady Winnerは安定したトレードでそこそこの利益を出しました。今月IC Marketsはお休み。EXNESSARMADA Marketsは評価対象から外しました。


● 仮説

24時間スキャルピングEAを「リアル口座」で稼動させ、同ロット換算した「金額の取引結果」を比較することで、ブローカーの約定品質を明らかに出来る。


● 検証範囲
検証数量: 0.1ロット(1万通貨)前後検証品質: メジャー通貨ペアの短期約定能力数量、品質共に限られた範囲の検証です。10ロットのような大きな数量の約定能力やマイナー通貨のスプレッド、入出金オプションの多寡や顧客サポートは検証に含まれません。


● 検証方法
EA: SteadyWinner Version 4.22-SmartMM_mod3取引通貨: EUR/USD、GBP/USD (サポート外)取引口座: リアル口座 (デモ口座は一切使いません)取引時刻: [月]21時~[金]21時 (日本時間)集計単位: 一ヶ月金曜日の21時のポジションは手動で決済します。ポジションを持ったまま週を跨ぎません。


● 対象ブローカー・取引環境

ブローカー名口座タイプ口座通貨取引LotIB利用VPSAxiTraderStandardJPY0.08○TPepperstoneEDGE RazorJPY0.08○TSynergy FXGoldmember ECNJPY0.08○AThink ForexStandardJPY0.08○AEXCEL marketsProJPY0.04○TIC MarketsStandardJPY-○TEXNESSMINIEUR--AARMADA MarketsClassicEUR--AFxProEA MicroJPY0.04○AVPS T = 使えるねっとの「FX専用 米国設置VPS」
VPS A = ABLENETの「VPSプラン V1+Windows Server オプション」
口座ごとに取引ロットは異なりますが、0.1相当に換算して集計
口座通貨が外貨建ての場合、前月末日の為替レートを換算に使用


● 0.1ロット取引結果 【単月】
単位:千円
ブローカー比較2014年4月
2014年4月の取引結果です。


● 0.1ロット取引結果 【累計】
単位:千円
ブローカー比較2014年4月(累計)
Axi、Pepper、Synergy、Think は2013年6月から2014年4月の累計
EXCEL は2013年10月から2014年4月の累計
他は2014年1月から2014年4月の累計


● 考察

単月の結果では、ブローカーごとにそれほど大きな違いがありません。どのブローカーでも安定した成績となりました。

そのような中でSynergyとThinkが比較的好調でした。この二つのブローカーは他に比べてややトレード数が少ないことが特徴で、他のブローカーがロスを出したトレードでポジションを取っていないことが時々あります。良く言えば騙しに引っかかり難いブローカーなのでしょう。

累計ではAxi、Pepper、Synergy、Thinkの順番です。
周知のとおり、2014年6月以降、日本人はAxiTraderでトレードできなくなりました。Axiはブローカーランキング2013で単独首位、このブローカー比較記事でもぶっちぎりの首位です。そのようなブローカーが利用できないのは大きな痛手です。残念でなりません。


written by こじか