日本語

東京午後 クロス円荒い値動き

東京午後のドル円相場は 本邦株式市場の堅調推移を受けて 序盤は本日高値圏で揉み合い、 一時89.60円台後半まで小反発しました。 ですが終盤にかけてクロス円で 本邦資本筋からまとまった売りが入り、 ドル円も連れ安の展開となり、 一時88.80円割れ目前まで下落したものの、 欧州勢の本格参入後は買い戻しの動きも見られ、 現在は89.10円台まで値を戻しています。 また、ユーロドル相場は ユーロ圏PMIサービス業-1月(確報値)が42.2と、 市場予想平均の42.5を下回ったことで 一時1.2949ドルまで値を下げました。 東京終値は、 N225 8038.94[+213.43] TOPIX792.78 [+18.99 ] と、8000円を回復して終了しています。 本日の為替相場は荒い値動きとなっているため、 急激な値動きには充分ご留意下さい。