日本語

東京午前 新規材料に乏しい事から小動き

東京午前のドル円相場は、 狭いレンジ内で売買交錯となりました。 序盤は前日の終値水準でスタートしましたが、 前日のニューヨーク時間に上昇した、 ユーロ円の利益確定の売りにより、 ドル円も連れて89.30円台まで 小幅に売られる展開となりました。 ですがその後は本邦株式相場が 堅調であった事などを背景に、 89.50円台まで買い進められ、 その後はユーロ円の値動きに連動し、 ドル円も一時値を落としましたが、 ユーロ円にショートカバーが入ると、 89.60円台まで値を上げました。 東京前場終値は、 N225 7994.09[+168.58] TOPIX 784.26[+10.47 ] と、大幅プラスにて終了しています。 ■本日これからの経済指標発表予定■ 16:45 (仏) 12月生産者物価指数 19:00 (ユーロ圏) 12月小売売上高 22:15 (米) 1月ADP全国雇用者数 24:00 (米) 1月ISM非製造業景況指数 特に、 22:15 (米) 1月ADP全国雇用者数 24:00 (米) 1月ISM非製造業景況指数 に注目が集まるでしょう。 また本日は、GBP/JPYにNR7が出ているため、 関連通貨は大きく動く可能性が高いです。 急激な動きには充分ご留意下さい。