日本語

東京午前 クロス円買いが優勢

東京午前のドル円相場は 序盤は、新規材料に乏しいことから 小動きとなっていましたが、 本邦株式相場が堅調に推移したことで ドル円は値を上げる展開となりました。 その後は始値水準まで 弱含む場面も見られましたが、 日銀による銀行保有株の 買い取りが報道されたことを受けて 株高期待感が強まった模様で、 ドル円は本日の高値となる、 89.90円台まで上昇しました。 ただ高値付近では本邦輸出勢からの 売りに上値を抑えられた模様で、 現在は89.60円台まで押し戻されています。 一方、ユーロ円相場はクロス円の上昇に加え、 日経平均株価が上げ幅を拡大したことで、 一時115.80円台をつけました。 東京前場終値は、 N225 7881.60[+7.62] TOPIX778.72 [+0.87] と、若干のプラスにて終了しています。 ■本日これからの経済指標発表予定■ 16:00 (独) 12月小売売上高指数 16:15 (スイス) 12月貿易収支 19:00 (ユーロ圏) 12月生産者物価指数 24:00 (米) 12月中古住宅販売保留 特に、 24:00 (米) 12月中古住宅販売保留 に注目が集まるでしょう。