日本語

東京午前 クロス円小幅ながらも下落

東京午前のドル円は、 序盤は先週NY時間の流れを引き継ぎ、 89円台後半でスタートしたものの、 ユーロ円の下落に連れて 値を下げる展開となりました。 また本邦株式市場がマイナス圏で 寄り付きとなったことも重しとなり、 一時89.50円台まで値を落としましたが、 日経平均株価が下げ幅を縮小したことを受けて、 現在は89.80円台で推移しています。 一方、ユーロ円相場は、 バッド・バンクに対する不透明感や、 ECBの利下げ観測などを背景に 序盤から売りが先行しており、 一時114.10円台まで下落しました。 東京前場終値は、 N225 7955.75[-38.30] TOPIX785.40 [-8.63 ] と、若干のマイナスにて終了しています。 ■本日これからの経済指標発表予定■ 17:30 (香港) 12月小売売上高-価額 17:30 (スイス) 1月SVME購買部協会景気指数 22:30 (米) 12月個人所得 22:30 (米) 12月個人支出 22:30 (米) 12月PCEデフレータ 22:30 (米) 12月PCEコア・デフレータ 24:00 (米) 1月ISM製造業景況指数 24:00 (米) 12月建設支出 特に、 24:00 (米) 1月ISM製造業景況指数 に注目が集まるでしょう。