日本語

東京午前 小幅ながらも値を下げる展開

東京午前のドル円相場は、 序盤は、ややドル買いが優勢となり、 90.10円台まで小幅上昇しましたが、 本邦実需筋からのドル売りを受けて 小幅ながらも値を下げる展開となりました。 また、仲値が余剰となったことや、 本邦株式相場が大幅に下落したことも ドル売りを後押しした模様で、 一時89.20円台と本日の安値をつけました。 ただその後は新規材料に乏しい事から、 ほぼ同水準での小動きとなりました。 一方、ユーロ円・ユーロドル相場は、 ユーロ圏の景況感の悪化や 追加利下げ観測が浮上したことで、 ユーロ円は115円台割れ目前、 ユーロドルは、1.29ドル台割れとなりました。 東京前場終値は、 N225 7975.05[-276.19] TOPIX794.03 [-24.44 ] と、8000円を割って終了しています。 ■本日これからの経済指標発表予定■ 16:45 (仏) 12月生産者物価指数 18:00 (香港) 12月月次政府財政収支 18:30 (英) 12月消費者信用残高 18:30 (英) 12月マネーサプライM4・確報 19:00 (日) 外国為替平衡操作の実施状況 19:00 (ユーロ圏) 1月消費者物価指数・速報 19:00 (ユーロ圏) 12月失業率 21:00 (南ア) 12月貿易収支 22:30 (加) 11月GDP 22:30 (米) 第4四半期GDP・速報値 22:30 (米) 第4四半期個人消費・速報値 23:45 (米) 1月シカゴ購買部協会景気指数 23:55 (米) 1月ミシガン大消費者信頼感指数・確報 本日は注目材料が多く特に、 19:00 (ユーロ圏) 1月消費者物価指数・速報 22:30 (加) 11月GDP 22:30 (米) 第4四半期GDP・速報値 23:45 (米) 1月シカゴ購買部協会景気指数 23:55 (米) 1月ミシガン大消費者信頼感指数・確報 に注目が集まるでしょう。