日本語

東京午後 クロス円下落

東京午後のドル円相場は、 序盤、日経平均株価が後場に入って 上げ幅を縮小したことや、 午前に引き続き本邦輸出企業からの ドル売りが散見されたことにより、 ストップロスを巻き込みながら、 89.60円台まで下落する展開となりました。 その後は、ショートカバーの動きに支えられ、 89.90円台まで値を戻したものの、 ドルを買い進める材料に乏しいことから、 90円台を回復するには至りませんでした。 一方、ユーロ円相場は引き続き、 持ち高調整に絡んだユーロ売りが目立ち、 一時は本日高値圏から2円程、 下落する場面が見られました。 現在は117.70円台まで値を戻しています。 東京前場終値は、 N225 8251.24[+144.95] TOPIX818.47 [+14.14 ] と、大幅プラスにて終了しています。 今後の動きに注目しましょう。