金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1960号/加入協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会 会員番号 012-02323
Languages

フォーメーション分析はほぼほぼ嘘:一番みなさんにお伝えしたいこと宇宙(神・物理)の法則とパレートの法則の違い

フォーメーション分析はほぼほぼ嘘:一番みなさんにお伝えしたいこと宇宙(神・物理)の法則とパレートの法則の違い

フォーメーション分析はほぼほぼ嘘



いつも、お世話になります。


おっぱいと下っ腹が大好きChannel ForexVictoryです*





暇なので今後もブログを不定期配信することにしました。



さて、このブログで一番みなさんにお伝えしたいことが、


宇宙(神・物理)の法則とパレートの法則の違いでして、


これの見分けがつけば、あとは大口の投機筋が玉を集めているかどうか


の判断で、FXは全クリしたようなものになります。



宇宙(神・物理)の法則とパレートの法則の違いについて、また違った角度からの


お伝えする方法を思いついたので、記事にまとめてみました。



まずは、こちらをご覧下さい。





これは何かのチャートに見えるのですが、実はチャートではなく、


コイントスで表が出たら上、裏が出たら下というのを連続して、


グラフにしたものになります。(英語版のWikipediaで見つけてきました。)



よく見ると、ダブルボトムやダブルトップに見えなくもない場所がありますが、


それはコイントスでランダムに作られたものであり、上に行くか下に行くかは


1/2の確率なのです。



これに移動平均線とかインディケータをくっつけて、


移動平均線にタッチしたらエントリー、インディケータがクロスしたからエントリー、


ダブルボトム、ダブルトップ、ヘッド&ショルダーズだからエントリーってやってて、


勝てると思いますか?




もし、本気で勝てると思っていたら、バカすぎて、トレーダーに向いていないで、


今すぐ、タウンワークでアルバイトを見つけることをオススメします。



どんなにがんばっても長期的にはトントンが精一杯で、手数料でいつか破産します。



これがインディケータは過去の平均で数値に意味はないと言っている理由になります。



もちろん、その数値の中にはパレートの法則で出現した長いローソク足が


含まれている期間もあるので、全て無意味だとは言えませんが、


長いローソク足が出現したことは稀な事象であり、


普段の値動きの中のインディケータは


上下に適当に動いている値動きの平均なわけで、


そんなところで、1日に何回もダブルトップだ移動平均線にタッチだと


トレードするのはただのギャンブルなわけです。



3月のドル円とオージードルのチャートを見て、


それでもドル円やクロス円でトレードしたいというなら、


平均という宇宙(神・物理)の法則でしか通用しない概念に


あなたは洗脳されています。



ドル円4時間足


オージードル4時間足


ドル円のチャートはコイントスのグラフに似ていませんか?


私の目は節穴でしょうか?



インディケータと下のようなフォーメーション分析は


ほぼほぼ嘘で、こういうことを教えるのは


証券会社の陰謀といっても過言ではないと私は思います。




今回の記事で洗脳が解けた方はいるでしょうか?


どうでしょう。



それでは、本日も最後までお読みいただきありがとうございます。




written by ChannelForexVictory