金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1960号/加入協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会 会員番号 012-02323
Languages

2016年、後半を読む6月相場に



G7や伊勢志摩サミットなどで特に目立った材料も出ず今週は、国内市場も取引が非常に少なかったようです。海外要因では6月にも米利上げが強まってきたことで全体的に米ドルがやや底固い展開で週末のイエレン議長の講演でも「数ヶ月内が適切」発言で6、7月の米利上げが急浮上の展開となってきました。
ただ6月は、英国EU離脱の有無を占う国民投票が控えており全てが思惑通りに行くとは限らないでしょう。元々今年の6月のメインは、英国国民投票だったので米利上げが急浮上してきたことで米ドル全面高というシナリオについて行くことも危険な相場かもしれませんね。
あくまでも英国国民投票がらみのヘッドラインが市場参加者も意識するとみられ事態に備える展開から米国利上げも6、7月利上げを見送ることとなれば大統領選もあり今年の利上げ白紙となる可能性も十分にありえそうで、兎に角2016年前半は、相場が急変してますので6月の注目イベントをじっくり見極めて後半の大相場に期待を込める月になってほしいところです。
さまざまな材料のなか金融相場中心となる米株ダウも何時暴落しても不思議ではない形ですので最終的には、再び始まるリスクオフを警戒しなければならない状況になると見ておりますが・・・・・・

fx-on週刊掲載記事で毎回おなじみの Ask Ultimate MAX お試し版が遂に! 2016年後半の相場を是非このソフトで体感してみてください!
くわしくは、こちらから http://fx-on.com/ebooks/detail/?id=9500
「かわせりぐい」FX戦略ブログを読む
written by かわせりぐい