金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1960号/加入協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会 会員番号 012-02323
Languages

米株は、もはやこれまでか・・・・外部環境相場優先となれば国内市場も飛び火に警戒!

米株は、もはやこれまでか・・・・外部環境相場優先となれば国内市場も飛び火に警戒!



米株ダウは中国ブラックマンデー後15000ドルを試したものの2度鋭い下ヒゲをつけて反発相場となった。チャート的には、ダブルボトムをつけたような形になっておりますが、これまで米株を取り上げた記事にもコメントしていたように米株ダウは、歴史的高値圏で移行しており連続陽線上昇も上値の18000ドル台を維持できずに再び売り再開の動きになってきております。
今後注目したいポイントは、一目均衡表を下抜ける形になればいよいよ今年安値をブレイクし18000ドル台の高値から安値15000ドル前半の値幅約3000ドルの倍返しが想定されます。したがって12000ドルあたりまでの下落がチャートの形から見て期待できそうです。
Ask Ultimate MAXでは、来週早々にも日足でも売り転換する可能性の形となってきており本格的な売り再開に備えておきたいところです。こうなってくると外部環境悪化で日経株価も大きな上昇も期待できず為替通貨では、円買いやドル売りに警戒しておきたいところでドル円ですと現在105円からの反発相場で戻してきておりますが米株が本格的に売り再開となった場合円買いは避けられず110円台からの上値ののりしろは限定される相場になりそうです。
最近の国内注目材料では、事前に期待させてイベント通過で失望となっておりG7や伊勢志摩サミット通過後特にサプライズ無ければ前回の戻り高値112円にも届かない可能性もあり個人的には、年末からの下落が今月まで続いていることからもう少し深い戻りを警戒しているのですが週足や日足の一目下限がほぼ近いポイントにあり意識される重要な戻り高値になるかもしれませんね。

O3RCkBquRZWEcZV1463823170_1463824778.png

fx-on週刊掲載記事で毎回おなじみの Ask Ultimate MAX お試し版が遂に! 2015年、年末相場を震えさせたポンド円大暴落もズバリ的中させたツールです 詳しくは、近日中に告知いたします!

written by かわせりぐい