日本語

東京午前 ドル円伸び悩む展開

東京午前のドル円相場は、 序盤は90.30-40円台で小動きが続きましたが、 日経平均株価が前日比プラス90円超で 寄り付いて上値を拡大したことで、 90.60円台まで値を上げました。 その後、同株価の買いが一服したことで 次第にドル円は伸び悩む展開となり、 本邦輸出企業からのドル売りで下げに転じ、 一時90.10円台を割り込みました。 一方、ユーロドルは軟調推移となりました。 米債券利回りの上昇を好感した、 ユーロ売り・ドル買いに加えて ユーロ円の下落に連れ安となり、 1.31ドル台割れとなっています。 東京前場終値は、 N225 8201.16[+94.87] TOPIX812.42 [+8.09 ] と、プラスにて終了しています。 ■本日これからの経済指標発表予定■ 17:55 (独) 1月失業率 17:55 (独) 1月失業者数 18:00 (ユーロ圏) 12月マネーサプライM3・季調済 18:30 (南ア) 12月生産者物価指数 19:00 (ユーロ圏) 1月消費者信頼感 22:30 (加) 12月鉱工業製品価格 22:30 (米) 12月耐久財受注 22:30 (米) 1/25までの週の新規失業保険申請件数 24:00 (米) 12月新築住宅販売件数 特に、 22:30 (米) 12月耐久財受注 22:30 (米) 1/25までの週の新規失業保険申請件数 24:00 (米) 12月新築住宅販売件数 に注目が集まるでしょう。