金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1960号/加入協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会 会員番号 012-02323
Languages

上にも下にもトレンドが出来ず、ドル円に沿う。

株ブログ・日経平均先物・投資情報

今日、午後2時過ぎから日経平均先物が調整に入った。

この原因は、何か、と言えば、今日の動きに限って言えば、先に日経平均先物が下げた。

黄色:ドル円 ピンク:日経平均先物 1分足
株式情報_2014-4-22_15-12-10_No-00

1分足でも、連帯率88%とほぼ完全連動しているが、微妙に日経平均先物が、先に下げて、
あとをドル円が追った。

ドル円が、たった、18銭下げただけで、日経平均先物が、180円下げる。

これは、おかしいですね。

このおかしさを、まともに受けていると、永遠に、このハイレバレッジシステムトレードに
つき合う、ってことになります。

原因の一つは、商いがないため、少ないブレでも、売りの注文をこなせなく、10銭-100円の
ペースに戻ったということです。

さて、日経平均先物OPは、今日CALL-PUTともに入れた、ストラングル作戦に移行しました。
先物OP会員

ここから数日間のレンジ取引になります。

また、飛び抜けたところを売り買いするので、

返金保証の先物トライアルも行っておりますので、お問い合わせください。

トライアルお問い合わせ

今回の調整のレンジは、モンタナバンドの下値抵抗ポイントまでです。

これはこちらに掲示します。秘密記事・日経平均先物のモンタナバンド


さて、さて、日米とも、今後決算発表をみて、それでも強いとすれば、落ち着いてくるが、発表が一巡するまでは
日銀頼みが続くが、

市場が、こういう、実のない、レンジ相場に飽きる日が来る。

それは、ドルが上値抵抗ポイントを完全に捉えてからとなるが、それには、
ただで届かないので、市場は

株式情報_2014-4-22_15-46-23_No-00

喪黒田総裁にお願いしているのであるが、どうも、あの自信では
企業の景気はいいので、CPIの速報値がよほど下げないと、動きそうにない。

となると、円を買って、先物売り、のパターンがまた始まる。

さて、そもそも、この円が買われる、という展開と、先物が売られるという展開が
余りにもリンクしすぎているので、

このポジションが大量に余っていて、それは、先物売り、円買い、というポジションで
構成されていて、これはまた、膨らんでいる。

ただ、これが、裁定買い残が大きい、という重さと、意味の違うところがある。

これは、売り残なのだ。

市場には、隠れた売り残が相当潜んでいて、これらは、日銀が介入に入れば、そうようの
起爆薬となるのだが、その条件が整っていない。

今日は、北朝鮮が核実験というニュースも飛び込んで、市場の意志はさらに削がれた。

そんな中で、オバマ大統領が来日する、

ここが一つのタイミングとなる。

本日の記事一覧

NYダウ株式市況速報 NYダウチャート ドル円チャート
秘密記事・今日の追撃買い銘柄
Let it Go の勢いは止まりそうにない。OLC(4661)

市場はしばらく、let it go か。


written by montana