日本語

東京午後 方向感に乏しい展開

東京午後のドル円相場は、 午前に引き続き新規材料に乏しい中、 方向感のない動きが続いていましたが、 本邦株式市場が上昇したことを背景に 一時、89.30円台まで値を上げました。 ですがその後は本邦輸出企業の ドル売り姿勢が強いと聞かれたことにより、 88.80円台まで値を下げる場面も見られました。 現在は米オバマ政権による、 金融機関の不良債権を買い取る専門銀行の 設立の可能性が浮上していることから、 89.10円台で底堅く推移しています。 一方、ユーロ円相場は序盤から、 ドル円に連れた動きとなり、 一時117.40円台まで値を下げましたが、 現在は118円台半ばまで反発しています。 東京終値は、 N225 8106.29[+45.22] TOPIX804.33 [- 1.16] となっています。 NY株式市場の動向に注目しましょう。