日本語

東京午前 ドル円・クロス円共に底堅く推移

東京午前のドル円相場は 外貨建て投資設定に絡む、 ドル買い・円売りに加えて ユーロ円が上昇したことから連れ高となり、 一時89.40円台を付けましたが、 買い一巡後は日経平均株価が マイナス圏に転じたことを背景に、 88.90円台まで値を落とす展開となりました。 現在は新規材料に乏しく、 89.10円台で取引されています。 また、ユーロ円も同様に株価動向に左右され、 一時117.10円台まで売られましたが、 現在は118円付近まで値を戻しています。 東京前場終値は、 N225 8031.46[-29.61] TOPIX800.85 [-4.64 ] と、若干のマイナスにて終了しています。 ■本日これからの経済指標発表予定■ 16:10 (独) 2月GFK消費者信頼感調査 16:50 (仏) 1月消費者信頼感指数 18:30 (南ア) 12月消費者物価指数 18:30 (南ア) 12月CPIX・消費者物価指数 19:30 (スイス) 1月KOF先行指数 未定 (独) 1月消費者物価指数・速報 28:15 (米) FOMC政策金利発表 特に、 28:15 (米) FOMC政策金利発表 に注目が集まるでしょう。