日本語

東京午前 クロス円買い戻しが優勢

東京午前のドル円相場は、 序盤は対欧州通貨でのドル売りを背景に 88.70円台まで売り込まれましたが、 その後は本邦株式市場の上昇を受けて、 89.40円台まで反発する展開となりました。 一時は、利益確定の売りや戻り売りにより、 上値を抑えられる場面も見られましたが、 クロス円の上昇に連れたことで 一時89.70円台まで値を上げました。 一方、クロス円は買戻しが優勢となっており、 ユーロ円は118.80円台、 ポンド円は126.10円台をつけました。 東京前場終値は、 N225 7950.07[+267.93] TOPIX794.87 [+26.59 ] と、大幅プラスにて終了しています。 ■本日これからの経済指標発表予定■ 16:00 (独) 12月輸入物価指数 16:45 (仏) 12月住宅着工許可 18:00 (独) 1月IFO景況指数 18:00 (ユーロ圏) 11月経常収支 24:00 (米) 1月米消費者信頼感指数 24:00 (米) 1月リッチモンド連銀製造業指数 特に、 18:00 (独) 1月IFO景況指数 24:00 (米) 1月米消費者信頼感指数 に注目が集まるでしょう。