日本語

東京午後 日経平均株価の下落により、クロス円売り優勢

東京午後 日経平均株価の下落により、クロス円売り優勢

東京午後のドル円相場は 序盤は東京午前に見られた、 ドル買いに支えられるものの、 日経平均株価の上げ渋りを受け、 方向感のない動きとなりました ですがドル買い一巡後は、 日経平均株価が下落に転じたことや ユーロ円の軟調推移につれて、 88.50円台まで値を下げましたが、 アジア市場が一部休場であることから、 動きづらい展開となった模様です。 一方、ポンドドル相場は、 イングランド銀行政策委員会のブランチフラワーが、 『英国は米国と同様金利がゼロ水準に向かっている』 などと発言したことを受けて、 一時1.3540ドル台まで下落する展開となりました。 東京終値は、 N225 7682.14[-63.11] TOPIX768.28 [-5.27 ] と、マイナスにて終了しています。 現在は短期投機筋と見られる、 クロス円の買い戻しが優勢となっています。 NY株式市場の動向に注目しましょう。