日本語

ポンド円上昇トレンド&レンジで勝つEA

ポンド円の2012年以降の上昇相場、2014年年始以降のレンジ相場で バックテストと同様のフォワードを記録中のEA、『モルボット』は 保有時間が数時間以内のEA(開発者ラッキースターさんはスキャルEAと呼んでいます) ながら、TakeProfit(利益確定値)100Pips StopLoss(損失確定値)100Pips となっていて、スキャルEAの典型でありますコツコツ稼ぐものの たまの損失で蓄積してきた利益を失うといったスタイルではなく 常々ガッツリと勝率高く プラス100Pips × 数ポジション  で稼ぎ、低い確率で負けトレードが発生しても マイナス100Pips × 数ポジション  に抑える設計です。 実際にフォワードテストとバックテストとを比較してみますと バックテスト 2010.01.04 00:00 - 2014.04.03 23:45 フォワードテスト 2014.01.10 ~  以上の様に、 2014年01月10日以降のフォワードテストで バックテストに等しい結果、と申し上げて過言ではない成績を記録しています。 具体的な数値では フォワードテスト記録値 勝率86.90%もプロフィットファクター(総利益÷総損失)9.10も、どの様に考えても 出来過ぎな数値であり、今後、よりバックテストの値 勝率71.36%、プロフィットファクター(総利益÷総損失)1.65に 近づいて来ることは間違いないように思われますが 非常に優秀、且つ現在の相場状況にマッチしたEAであることは揺らぎようがありません。 と、良いことばかりを並べ立てていますが、ポンド円が下降トレンドに入った時に 成績を落とすのではないかとの懸念はあります。 しかしながら、仮に、連敗が続いた時にも、早期に停止し次の上昇トレンドを待つ といった使用方法を採ることができます。 上昇トレンド相場、レンジ相場で勝つ。 下降トレンド相場で負ける可能性があることが分かっているのであれば 停止することで、ある意味、実に勝ち易いEAであると言うことになります。 開発者ラッキースターさんの狙いもここにあるかもしれません。 さて、このラッキースターさん、多数のEAをfx-onにお出しいただいているのですが ご注目いただきたいのは、ご出品EAの77%以上が勝っているという事実です。 1,400人を超える開発者様のEAを見て来ましたが 恐らく最上位のEAの勝ち比率と言って良いと思います。 今後も注目の開発者様ですね。 GBPJPY専用スキャルピングEA モルボット ¥30,857(税込)  written by Hayakawa