日本語

東京午前 下落後、ショートカバーにより反発

東京午前のドル円相場は 前週末NYクローズの水準でオープン後、 序盤はユーロ円を中心とした、 クロス円の下げにつれて 一時88.20円台まで値を下げました。 その後は、仲値決済に絡んだドル買いにより、 一時89.30円台まで上昇しました。 本邦輸入企業・国内投資家からのドル買いや、 本邦株式市場が持ち直したことなども、 ドル買いを後押しした模様です。 一方ユーロ円はドル円同様、 オープン後は1円以上値を下げ、 113.60円台まで下落しましたが、 売り一服後はショートカバーの動きから 115.50円台まで値を戻す展開となりました。 東京前場終値は、 N225 7756.97[+11.72] TOPIX772.42 [-1.13 ] となっています。 ■本日これからの経済指標発表予定■ オーストラリアデー 香港休場(旧正月) 24:00 (米) 12月中古住宅販売件数 24:00 (米) 12月景気先行指標総合指数 24:30 (米) ダラス連銀製造業指数-1月 特に、 24:00 (米) 12月中古住宅販売件数 に注目が集まるでしょう。