システムメンテナンスのお知らせ(2020年2月22日 (土) 午前10時30分 ~)
Languages

国内市場4月押し上げ要因に警戒!トレンドは、戻りを見極める時期に

国内市場4月押し上げ要因に警戒!トレンドは、戻りを見極める時期に

jj2aew3HfmOh_fZ1459063811_1459064011.jpg

先週は、Ask Ultimate MAX リリースとなりご購入者様の対応などで週間掲載記事をお休みさせてもらいました。おかげさまで限定30本も完売となり関係者様・ご購入者様に熱く御礼申し上げます。発売記念20%OFFが終わってもまだまだ10000円を切る価格ですので興味がある方はお気軽にお問い合わせください。
さて先週は、東京休場で再び悪夢が起きるか注目を集めましたがドル円には売り圧力はかからず反発しかかったところで翌日はベルギーテロ報道でリスクオフと110円を狙う材料は2つあったのですが週末のイースターを控えて海外市場参加者はポジション調整を優先した形となり円相場は、東京で連日の円売りも出ていたためドル円は113円台に乗せてのクローズとなり週明け東京でも海外勢が不在の中戻りを試す展開になりそうです。
この戻りを試す展開に更なる追い風になる材料が国内新年度に向けた株買いで、こちらは既に年金やちゅちょの買い観測の噂もでており4月の第一週は意外と盛り上がる可能性がありそうで、それと同時にこれまで17年4月の消費税率10%への引き上げについて「リーマンショック級でない限り予定通り実行する」一方「税収が上がらなくなるのであれば元も子もない」ともコメントしており再延期を視野に入れ始めたことで早ければ4月にも再延期決定が濃厚になった場合は一時的にも株価の押し上げ要因に当たると見ております。今回は、円相場も気になりますが日経225に注目してみました。
チャートは、日経225 Ask Ultimate MAX週足ですがUltimate は株価、商品相場も対応しており年末年始相場を予想してくれたツールでもあります。2万円を維持できずに15000円割れまで急落した株価も現在は一服モードで今後の展開次第ではもう一段の戻りが出ても不思議ではない状況ですがまずは、期末、4月の新年度入りでの動きに注目したいところ。更に消費増税問題に変化が現れれば17000円をしっかり乗せてくるチャンスはありそうでそこから注目したいポイントはやはり18000円手前の年末から15000円割れのフィボナッチ61.5%戻し付近になりそうでこのポイントは年明けの戻り高値にもなっており4月複数の材料で押し上げてもこのあたりからは上値は厳しい展開が待っているとおもわれます。一目均衡表も次第に下向きになりつつあり逆らう動きがあったとしてもトレンドはそう簡単に変わらないことから下落再開へのタイミングになる可能性が強そうに思えます。 ただ日足では、17000円付近で売り点灯しており4月の序盤に株価の押し上げが緩ければこのまま下落再開する可能性もあり新年度での動きに注目が集まるとみてます。すでに今年は、イースターが3月末でしたので毎年4月の序盤国内が盛り上げってもイースターで一服とはならない今年はちょっと注意しながら米・雇用統計等も盛り上がるかもしれませんね。
最近は、日経225に連動しているドル円もベルギーテロでのリスクオフを凌いで戻してきてますので更なる戻りがあった場合今年最大の売り場になるとみております。 消費税率先送りは、最終的にはアベノミクス失敗に繋がり株価の低迷は避けられないと思います。
BjR1qz9ss1z8gTZ1459051123_1459051151.png

先週ブログでちょこちょこ書いた記事をまとめてます。
3/20ブログ記事から
さて週末のドル円は、かろうじて111円割れを回避し引けました。ただ112円台に乗せることも出来ておらずしかも先月は、東京休場を狙った海外勢の仕掛けがありましたので明日の東京休場相場に注目が集まるでしょう。また仕掛けが合った場合110円台で収まった場合目先底を付ける可能性も出てきますので兎に角東京休場ですがお暇ならチャートを見つめていたいと思います。逆に何ら仕掛けも無く移行した場合は、期末にかけて反発する準備ができる可能性も視野に入れておきたいところです。ドル円のチャートの形は悪く日経株価も17000円台定着できずですが米株が思ったよりも戻りを試しており週末ヘッドラインに出ていた記事ではG20で水面下で何らかの合意がなされていたニュースも気になるところ。月末にかけての相場は、明日の東京休場相場が重要になってくるのではと見ております。
3/22ブログ記事から
昨日は、東京休場相場に注目していたがドル円崩しきれずNYでは買戻し相場となり本日東京では、112円台に乗せる場面もあった。ただ海外市場に入るとベルギーで同時テロ報道が流れると一気にリスクオフモードになり円買いでドル円は再び111円台に押し戻されている。基本的にテロでの金融相場の反応は内容にもよるが何日も続かないケースが多くドル円単体では、今夜明日にかけて110円定着しないのであれば逆の反発相場に注意した方がよいかもしれない。クロス円ではポンド円が大きく下げ切れない場合こちらも昨年からの下落からやや変化の前兆が見受けられEU離脱での世論調査も今後活発化してくるものの一転二転する相場から暫く売り目線から離れて様子を見る場面に来ているのかも知れない。
3/25ブログ記事から
今週は、ベルギーで起きた同時多発テロでのリスクオフ相場が数日続く可能性もあったがドル円は、110円を割れることなく当日引けではほぼ行って来い相場となり結果的には、一時的の円買いで終わった。もっとも本日から海外ではイースター休暇となっており市場参加者もイースターを前にやる気が無かった可能性もありそうだ。詳しくは調べていないがここ数年4月に入ってのイースターだったと思うが今年は、3月末にあたことでこのあたりがドル円の下値リスクを救った可能性があり4月に入ったら国内からの株買いなども予想され暫くは、円買いの調整相場に注意しておきたいところではないかとみている。今週ブログでコメントしていたようにテロ勃発当日のポンド円の下押しも浅かったように思え通常では、4月序盤国内からの株買いもイースターで一旦終わる相場が今年はすでに本日からで週明け火曜日からの円相場に注目したい。東京では円売りも出てきており日々の海外市場での相場展開次第ではクロス円も春先は戻りを試す可能性も出てくるかもしれない。それと国内消費税増税先送りが決まれば強力な追い風になることは確かでこのあたりも想定しておきたいところ。
ドル円の究極の売り場はそういった展開の後からやってくるかもしれない。

ブログでもAsk ver1.0・新商品 Ask_Ultimate MAX 関連記事を多数掲載しております。 かわせりぐい FX戦略ブログ インジケータ関連記事

written by かわせりぐい