日本語

東京午後 リスク回避の円買いにより、クロス円下落

東京午後のドル円相場は、 日経平均株価が後場に入り下げ幅を拡大し、 前日比マイナス300円超で引けたことや、 クロス円の下落に連れてドル売りが先行したことで、 88.30円台まで値を落としました。 その後はショートカバーにより、 88.60円台まで値を戻す場面も見られましたが、 再び下げに転じる展開となりました。 一方ポンドドルは英国財政悪化による リセッション懸念からポンド売りが入り、 ストップロスを巻き込んだことで 一時1.3680ドル台まで値を下げ、 連れてポンド円も一時121円付近まで 下落する展開となりました。 また、その他のクロス円も 総じて軟調推移となっています。 東京終値は、 N225 7745.25[-306.49] TOPIX773.55 [-22.36 ] と大幅マイナスにて終了しています。 NY株式市場の動向に注目しましょう。 急激な動きには、充分ご留意下さい。