日本語

東京午後 東京午後 日銀政策金利・声明への反応は限定的

東京午後 東京午後 日銀政策金利・声明への反応は限定的

東京午後のドル円相場は 序盤は日銀政策金利の発表を控え、 89円ちょうど付近で小動きとなりました。 その後に政策金利を全会一致で 据え置くことが発表されましたが 反応は薄かった模様です。 また会合後の声明で景気対策への 具体案が示された事を受けて 本邦株価はプラス圏で引けたましたが、 為替市場への影響は限定的となりました。 ただその後は欧州勢参入を前に ドル円は89.40円目前まで 小幅に買い戻される動きも見られましたが、 現在は88.90円台まで押し戻されています。 一方ユーロ円は、短期的な売買が入った模様で、 116.40円台をつける場面も見られましたが、 買い一服後は、115.40円台まで値を下げました。 東京終値は、 N225 8051.74[+150.10] TOPIX795.91 [+ 8.76 ] と、8000円を回復して終了しています。 NY株式市場の動向に注目しましょう。