日本語

東京午前 方向感に乏しい展開

東京午前のドル円相場は、 前日NY時間終盤に反発した余韻が残り、 序盤は89円台前半で取引されました。 買い戻し一服後は上値の重い展開となり、 日経平均の軟調推移が嫌気されて 88.50円台まで下落しましたが、 その後同株価の下げ幅縮小を受けた、 短期筋の買いで反発に転じたことで 一時89.50円台まで上昇しました。 ただ、円高への警戒感も根強いことから、 現在は再び89円付近まで値を下げ、 日銀金融政策決定会合の発表を控えて 小動きとなっています。 東京前場終値は、 N225 7889.61[-12.03] TOPIX786.20 [-0.95 ] と、若干のマイナスにて終了しています。 ■本日これからの経済指標発表予定■ 16:45 (仏) 12月消費者支出 17:30 (香港) 12月消費者物価指数 18:00 (ユーロ圏) ECB月例報告 22:30 (加) 12月景気先行指数 22:30 (加) 11月小売売上高 22:30 (米) 新規失業保険申請件数 22:30 (米) 12月住宅着工件数 22:30 (米) 12月建設許可件数 24:00 (米) 11月住宅価格指 本日は注目度の高い経済指標が多く控えており特に、 22:30 (加) 11月小売売上高 22:30 (米) 新規失業保険申請件数 22:30 (米) 12月住宅着工件数 22:30 (米) 12月建設許可件数 に注目が集まるでしょう。